JTBジェイプラザ・オンライン【JTB総合提携店・旅行サロン四谷】

おめでとう「金メダル」! 2006.02.24


■トリノオリンピック、フィギュア女子で日本の荒川静香選手が見事に金メダルを獲得しました。 今日は早朝からテレビの中継画面にクギ付けでした。
今回のオリンピックで初めて、表彰式で「君が代」が流れました。 不振続きの日本勢の中にあって、メダル獲得への重圧は、きっとわれわれの想像をはるかに超越する、大変なものであったことでしょう。 本当に見事な演技でした。
直後のインタビューで「ほんとにびっくりです。まさか金メダルが取れるなんて、考えてもいなかったです。」と答えていましたが、本心はどうだったのでしょうか?
今回の大会に限らず、競技の前から良く言えば闘志むき出しで、「必ずメダルを取って見せます。」「絶対に勝ちます。」と何度も宣言して、結果を出せない選手が目立つなかで、荒川静香選手の姿はとてもまぶしく、美しかったですね。
「高度な技をいくつも繰り出せば、高得点は取れる。でもきれいな演技でなかったら、見ている観客は楽しめない」から、というその演技は、本当に美しく見事で、とにかく感動を与えてくれました。 演技後半には、観客たちはみんな国に関係なく、立ち上がって荒川選手に大きな拍手と声援を送っていました。
暗いニュースが多いなかで、街頭で新聞の号外が配られるほどに、素晴らしいニュースでした。 荒川静香選手、本当におめでとうございます。

0224

▼関連記事: