JTBジェイプラザ・オンライン【JTB総合提携店・旅行サロン四谷】
no

・2階建て「ひかり」お別れ 「のぞみ」タイプに一新。 


とがった鼻に細い目-。新幹線で初めて2階建てグリーン車を採用して話題を集めた100系「ひかり」が16日、最後の運転を迎えた。来月のダイヤ改正を控え、スピードアップできる「のぞみ」タイプの車両に置き換わる。
 1985年に登場。当初は展望を重視した2階建ての食堂車とグリーン車を編成の中央に組み込んだ。普通車も前後の座席間隔を6センチ広げ、3人掛けの座席も向きを変えられるリクライニングシートになった。
 山陽新幹線にはまだ数年、100系が残るが「こだま」用だけで、編成が短いため2階建て車両はない。東北・上越新幹線では通勤客対策のため100系とは別の2階建てが今後も活躍するという。

☆東海道新幹線から2階建ての車両が姿を消しました。需要はあると思うのですが、コスト面や振動・騒音・安全性で問題があったのでしょうか?

jp0916

▼関連記事: